メインイメージ
お勧め商品

SAPPORO MORITA が奏でる PIANO CONCERTO


先日テレビでショパン国際ピアノコンクールの映像が流れていました!世界最古のピアノコンクールとの事。
第一回大会は1927年今から92年前約一世紀の歴史あるコンクール。大会は5年に1回年齢は16歳~30歳までの制限!
使用されるピアノはフルコンサートピアノが4台、1台はスタインウエイ、2台目はファツィオリ、3台目・4台目は共に日本のピアノ、ヤマハとシゲルカワイ1985年の第11回大会より使用との事、弾き手は自由にピアノを選択できます、注目したのは、その音色を任された調律師、ピアノの調律師により大きく音色やタッチ、が変わる世界、自社の社運をかけて超1流の調律師がそのピアノの担当になりますが、実はイタリアのファツィオリ世界で一番高いピアノの調律師が日本人である事、建物も古く歴史がある為当然エレベーターはありません。階段作業で重量約600kgのピアノを会場へ運びます、その運び方も勉強になりましたがその審査員にも日本人が選ばれる時代になりました!
ともあれ音楽は平和の象徴(音の哀楽を以て国の盛衰を知る)戦争のない時代が長く続くのを祈ります。

 

Information

5月(皐月)さつき

令和元年誠におめでとうございます!天皇即位を愛でるかのように北海道では今まさに梅も桜も春の草木が満開時期を迎えました。
今年初の10連休、海外に旅行へ行った方、国内で旅行を楽しんだ方、自宅での~んびりした方、仕事の方、病気で入院されている方、人それぞれのゴールデンウイークですが先哲の一言(心こそ大切なれ)最後に良かったな~と思える月にしたいものです!
中国では5月は悪月、物忌みの月とされ厄病を祓う為、体の体調を整えたり、山に薬草を取りに行ったり、身体に良いとされる菖蒲を酒に浸して飲んだり、ヨモギ餅を食べたり、5月5日は男の子の節句、昔から男の子の方が子供のころは体が弱いとされ、菖蒲湯も先哲の智慧なのでしょう!
連休明け落ち着きましたらホームページにピアノ展示しますので覗きにいらして下さい。


2019年5月度の調律のお知らせです。


本州では終わってしまった桜も北海道は真っ盛り、道南から始まり、道央、道東、道北と天皇即位を祝うように、日本の花が北海道で咲き誇っています!今年の大型ゴールデンウイーク期間、皆様いかがお過ごしでしょうか!
《里山に歴史きざみつ八重桜-青木陽子2011年07月》
お仕事の人も、病気の人も、どこかで眺められたらいいですね!

当社では調律時期の迫ったお客様に葉書をお出ししてご連絡を差し上げています。お忙しい方はメール,FAXでもお受けしています。年に一度はピアノの検診を!
ピアノ調律、クリーニング、移動、買取、販売、保管、修理、イベントレンタル、アクセサリー販売、改築相談等、一般家財引越、コピー機、金庫、特殊重量物の移動、お気軽にお電話下さい。

《子供に夢を》

株式会社 T・U SAPPORO MORITA
〒004-0872 札幌市清田区平岡2条3丁目6番35号
TEL 011-883-4032 FAX 011-883-4007 フリーダイヤル 0120-542-145